• ホーム
  • 女性用バイアグラの不感症改善について

女性用バイアグラの不感症改善について

2019年08月24日

ホルモンバランスが崩れている女性は、性機能に障害が起きて不感症になってしまう場合もあります。
その症状を改善するために開発されたのが女性バイアグラで、過剰分泌された酵素などの働きを阻害する効果を持つ製品が増加中です。
ホスホジエステラーゼという酵素が過剰分泌されると、性的な刺激に身体が鈍感になってしまい、今まで通りに楽しめなくなってしまいます。
ラブグラという女性バイアグラは、そのホスホジエステラーゼの働きを抑制する効果が強いと評価されており、ラブグラを服用するだけで恋人との性行為を今まで通りに楽しめるようになったと好評です。
不感症に悩まされている女性の中には、普段からデスクワークを長時間行っているせいで、血行不良が原因で性感帯が鈍感になってしまったという人もいます。
血行不良などの問題を解決するためにも、女性バイアグラは役立てる事が可能です。
ラブグラには環状グアノシン一リン酸という、血流を促進する効果のある物質が含まれており、性感帯への血流も改善してくれます。
ウーメラも性感帯に血液が上手く流れるようになる事によって、今まで以上に身体が敏感に刺激に反応するようになったりと、大きな変化を感じやすい媚薬として好評です。
感度が少し上がるだけでもオーガズムに達しやすくなり、恋人との性行為に満足できるようになったという女性も大勢います。
ラブグラやウーメラの有効成分として含まれているシルデナフィルクエン酸塩は、男性用の勃起不全の治療薬の主成分としても使われている事が多いです。
ホスホジエステラーゼの働きを阻害する効果を持っており、刺激に鈍感になっている時に役立つ成分として女性からも注目されています。
シルデナフィルは空腹時に摂取した方が、腸からの吸収率を向上させやすいのも特徴の一つなので、空腹時に服用するのが最適だと考えてください。
頭痛や鼻づまりや胃もたれなどの副作用も確認されているので、通販で購入する前に身体の状態をよく確認しながら服用方法を決めておく事を推奨します。

女性用バイアグラの購入に関して

不感症の治療に効果的として人気があるラブグラはウーメラのジェネリック医薬品です。
ラブグラもウーメラも有効成分としてシルデナフィルが含まれており、女性バイアグラと呼ばれます。
効果や副作用、服用方法なども男性用と同様です。
性行為の1時間前に水かぬるま湯で服用すれば、約30分でクリトリスが勃起するようになります。
また血流が促進されるため膣分泌液の分泌量が増えます。
膣分泌液の分泌量が増えるとペニス挿入時の性交痛を軽減できます。
女性用バイアグラは不感症を治療する媚薬として人気があります。
日本国内では承認されていないため、購入するには個人輸入の手続が必要です。
インターネット上には海外からの医薬品の個人輸入手続を代行する通販サイトが存在します。
未承認の医薬品は直接的に輸入販売することができません。
しかし個人的な使用を目的として輸入する場合は合法です。
また個人輸入手続の代行も合法とされています。
通販サイトでは、ウーメラのジェネリック医薬品であるラブグラを安い価格で購入できます。
ラブグラには100mgのシルデナフィルが含まれています。
女性バイアグラは女性向けに開発されており、用量が多いのが特徴です。
男性用で承認されているものには25mgと50mgの錠剤があります。
100mgの錠剤も存在しますが、日本国内では未承認です。
女性バイアグラは男性用で最も大きいものと同じ用量になります。
ラブグラの価格は1錠あたり約250円です。
シルデナフィルは用量に関わらず約5時間にわたって効果が持続します。
クリトリスやペニスを勃起させる効果は用量が多いほど強くなります。
シルデナフィルにはめまいや頭痛、鼻づまり、胃もたれなどの副作用が存在します。
副作用はラブグラを服用した人の9割以上に現れますが、症状は基本的に軽いという特徴があります。
ラブグラを個人輸入すれば少ない費用で不感症を治療できます。