• ホーム
  • 第4のED治療薬であるステンドラ!その効果とは

第4のED治療薬であるステンドラ!その効果とは

2019年06月20日

日本には現在3種類のED治療薬が認可されています。
第1の薬・バイアグラはあまりに有名で世界中に愛用者がいますが、食事の影響の受けにくさや副作用の少なさを求めて第2・第3の薬の方を愛用しているという方も少なくはありません。
とはいえ、それでも副作用が少ないと言われる第3の薬でも4割の方には副作用が現れているのです。
更に副作用が少なく、しかも即効で効果が出る薬として最近話題となっているのが第4の薬・ステンドラです。
有効成分のアバナフィルのED治療薬です。
ステンドラは服用して30分前後、早い人であれば15分ほどで効果が出始めます。
服用方法としては、性行為の30分前くらいに服用しておくのが確実です。
副作用もほぼ出ることなく、出ても従来の薬よりは軽く、大変使いやすい薬なのです。
ステンドラも従来の薬同様、PED-5という勃起を抑制する酵素を阻害することで勃起力を上げるという仕組みになっています。
陰茎に血流を送り込む効果が高まるという点でも同じです。
これまでの薬と同じように高い効果を期待できるでしょう。
更には食事の影響も受けづらいのです。
そういった点でもバイアグラ以上に使いやすい薬です。
ただし、ステンドラはまだ日本では認可されていないので、個人輸入代行業者を通じて通販で手に入れるしかありません。
それでもステンドラの正規品自体が通販サイトでほとんど見かけられないため、ステンドラのジェネリックであるアバナを購入するのが主流となるでしょう。
アバナには同じくアバナフィルが含まれているので効果や作用は同じように期待できます。
それでいて通販サイトでアバナを買う場合は正規品よりも安く手に入れることができるためおすすめです。
日本で認可されている薬は、即効性を求めるのであればある程度の副作用は覚悟しなければなりません。
後遺症も残らず重篤な症状にならないとはいえ眼の充血や頭痛・動悸など起こるのは避けたいものです。
いい雰囲気になってすぐにベットインできるように即効性も欲しいでしょうし、普通に食事も取りたいもの、第4の薬ステンドラを試してみましょう。

ステンドラにはジェネリックが存在する

アバナフィルを有効成分とするステンドラにはジェネリックがあり、アバナは1錠500円未満という低価格で販売されています。
ステンドラの3分の1程度の価格で、効果・副作用には違いがありませんから、少しでも薬代を安くしたい方におすすめです。
50mgと100mg錠があり価格は100mgのほうが1.5倍程度高いですが、分割して2回分として飲むならお得でしょう。
ストレスやプレッシャーなどの心因性EDなら、セックスの成功が最大の治療法となります。
男性の下半身はメンタルがそのまま反映されるため、常に自信を持つことが重要です。
服用方法は1錠を性行為の30分前に服用し、用量は200mgを上限として増やせます。
購入ルートは個人輸入による通販のみであり、医療機関では処方していません。
ジェネリックは効果が弱いという先入観をお持ちの方がいますが、有効成分が同じなら効果はほとんど変わりません。
先入観を捨てることが効果をフルに発揮させるコツと言えるでしょう。
他のED治療薬と同様に空腹時に効きやすい性質があるので、空腹時または食前の利用をおすすめします。
アバナは従来のED治療薬の欠点を解消し、メリットだけを集約した薬と言えます。
相性抜群との声が多く、他のED治療薬から乗り換える方が少なくありません。
即効性とパワー・持続力のすべてを集約し、若いころのように下半身を元気にしてくれるので、中高年で立ちが悪いと悩んでいる男性におすすめです。
副作用は頭痛・ほてり・鼻づまりなどがありますが、副作用が弱いという報告が多いので安心して服用できるED治療薬です。
アナバはステンドラと同様に陰茎海綿体を膨張させて勃起力と持続力を大幅にアップさせてくれるでしょう。